Archive for the ‘借金に関する豆知識’ Category

日曜日でもお金を借りれるものなのです。

急な出費などでお金が必要な時があるかと思われます。

しかしその日は土日などの休みでお金が借りれないなど出てくることもあるかと思います。

 

しかし土日などでもお金を借りる方法はあるのです。

消費者金融は何時でも借りれるサービスを展開していますのでこのような休みでも借りることは可能です。

 

ただ注意が必要なのは会社などに在籍確認をする場合です、日曜日には殆どの会社が閉まっており電話連絡が難しい場合もあることでしょう。
そのような場合には書類で回避することもできるのでこのような場合には書類で審査をパスするのが良いものではないでしょうか。

 

殆どの書類では給与明細や会社の保証書などがあれば審査を通る金融会社があるのでこれらを利用することで借りれるのではないでしょうか。
また銀行系統でも今では大手の銀行は日曜日でも借りれるようになってきています、インタネットの恩恵でネット回線での審査をしますので手続きは随分簡略してきています。

 

たが銀行系統はその銀行口座を持っていないとなりません、その口座に振込がされるためです。
このように日曜日でもお金は借りれますがやはり同じ借りれるならば銀行系統のものが利子が安く済む場合が多いからです。

 

また書類でも直ぐ返済する場合には無利子の場合もあるので上手く利用することで支払いを安く抑えることが可能なのでよくよく調べておくと良いもんだと思われます。
どちらにしても金融機関等や銀行系を利用することで出来ますが書類は揃えておいたほうが無難なのです。

闇金は見極めが大事!でも引っかかってしまったら専門家に相談を!!

少し前でしたら闇金は街中にビラが貼られていたり、ポスティングチラシであったりと比較的分かりやすいものが多い印象でした。

しかし近年はインターネットの普及によって、その存在はネットに姿を隠す容認なってしまったため、その存在を見破りにくくなってしまいました。

 

大手の金融機関の名前を借りたダイレクトメールを利用した宣伝方法もあり、誰でも騙されてしまうリスクが高まりつつあります。

 

お金に困っていて藁をもつかみたい状況の時、人は冷静な判断ができなくなります。

その時は何とかなるだろうとお金を借りられることに意識が集中してしまい、高い金利を提示されても闇金である判断が鈍ってしまいがちです。

 

そんなところに闇金は目を付け、高金利な上に保証料、書類代、審査料などの名目で手数料まで徴収するのです。

 

こういった闇金に遭遇しないためにも、インターネットなどの金融機関の情報はしっかりチェックする必要があります。

 

会社の概要が載っていない、金利が書かれていない(あるいは以上に金利が低い)、信用情報機関に関する案内などが書かれていない、貸金業登録番号が書かれていない等の金融機関は闇金の可能性大。また異常に審査が早いのも危険です。

どこからか情報が洩れて、メールや電話で融資の誘いが来ることもあるので注意してください。

 

いずれにしても闇金に関わってしまい悩みを抱えているのなら、早急に専門家の意見を仰ぐべきです。

闇金無料相談や法律相談などの窓口に連絡すれば、闇金に強い弁護士や司法書士を紹介してくれます。

海外トラベルプリペイドカードにはメリットがある

海外旅行をする時、現地通貨をどうするか悩む人は珍しくありません。

治安の良い日本と比べると、海外ではトラブルに遭う可能性が高いため、現金を持ち歩くことに危機感を覚えるタイプがいます。

現金を持ち歩かなくても、デビットカードやクレジットカードを利用する手段があります。

 

ですが、デビットカードやクレジットカードによる対処は、完璧ではありません。

カードサービスの加盟店でなければ、決済することが不可能だからです。

旅行先の加盟店の数が限られている場合、不便を感じることが予想されます。

 

だから、海外トラベルプリペイドカードに注目が集まっているのです。

海外トラベルプリペイドカードは、デビットカードやクレジットカードと大きく異なります。

 

海外のATMで現地通貨を引き出すことができるのが、海外トラベルプリペイドカードの強みだからです。

現地通貨を必要に応じて引き出せば、トラブルのリスクを最小限に抑えられます。

カードサービスの加盟店であるかも気にする必要がありません。

 

海外トラベルプリペイドカードを利用する場合には、旅行前に入金を済ませます。

入金額以上のお金は引き出せないので、使い過ぎてしまう心配も無用です。

 

そして、入金額が少ないと感じた時、旅行先で追加入金することもできます。

具体的にはネットバンキングのサービスを利用するのです。

 

インターネット回線さえあれば、ネットバンキングはどこの国からでも利用できます。

 

以上の様に、多くのメリットがあるから、海外トラベルプリペイドカードの利用者が急増しているのです。

男性の借金返済は仕事を増やすことと転職することで可能になります。

現在借金をしているものの、収入が返済に追いつかないという男性も多数いると思われます。

特に消費者金融からの借金は単に借りた金額を返済するのみならず高めの金利分を上乗せして返済する必要があるので、コツコツ返済しても翌月にはそれほど借金の額が変わらないというような事態に陥ることもあります。

 

借金をしていて返済が難しいと思われる男性は、まず何よりも主な収入を得ている仕事以外に複数の仕事や副業を掛け持ちして少しでも収入を増やし、借金を減らすという努力が必要です。

男性であれば力仕事が可能で仕事の選択肢も多くなり、より収入の多い仕事を選ぶことも可能です。

 

さらに日雇いや短期間のバイトも多数あり、女性よりも借金を返済できる可能性は高く、場合によっては借金を返している時期だけ集中して働いて返済を完了したらやめて本業に専念するということも可能です。

 

またより着実に借金を返済したいと思うのであれば、思い切って収入のよい業種に転職をするという選択肢もあります。

もし今の仕事が介護や福祉などであればどうしても他の業種よりも収入が少なくなる傾向にあるので、大手自動車メーカーの期間工などより収入の多い業種に転職すれば効率よく借金の返済が可能になります。

 

借金はどうしても返済が不能な場合は自己破産の申請をすることも可能ですが、認められたら生活などでさまざまな制約が出てくるので、まずは自力で収入を増やして返済することを考えるのがふさわしい方法です。

キャッシング申し込みで必要になる各書類について

キャッシングの申し込みに必要になる提出書類は金融機関やキャッシング限度額によって若干変わるものもありますが、ほとんどの金融機関の提出書類はどこもほぼ同じです。

その理由は、どこの金融機関でもキャッシング利用者に対する与信の基準がある程度の限度額までなら変わらない為です。

 

その基準の上で最も重要となる書類は収入証明書です。

収入を証明できるものであれば給与明細でも源泉徴収票でも構いませんが、証明する書類は直近のものである必要があるので注意しましょう。

 

収入証明書が何故重要かは言うまでもなく安定した収入のある方でないと返済が出来ないからです。

 

次に必要な提出書類は身分証明書です。身分証明書にはいろいろありますが一般的なものといえば運転免許証になります。

運転免許証の他にも健康保険証や住民票などでも身分を証明することもできますが、運転免許証の場合顔写真が載っている公的な身分証明書になるので、金融機関によっては運転免許書の提示を求めてくる場合もあるので注意しましょう。

 

また、金融機関はそのほとんどが在籍証明として職場へ直接電話して確認するのが一般的ですが、金融機関の中には会社で加入している健康保険証の提示で在籍していることの証明として認めてくれるところもありますので、職場に在籍確認の電話を掛けられるのが嫌だという人は、健康保険証でも在籍確認として認めてくれる金融機関を探して申し込みするようにしましょう。