彼氏ができない理由は環境にあり、出会いにつながる環境を探そう

社会人になってから全く出会いがない、学生時代には恋愛を楽しんでたのに…

このような悩みを抱えている女性の多くは、自分にモテない原因があるのではと考えて自分自身を追い込みがちです。

 

自分に魅力がないと感じて自信を失ってしまうと、恋愛に奥手になりますます出会いがなくなる悪循環にハマってしまうのです。

 

まず強調しておきたいのは、こうした女性が彼氏ができないのは魅力がないからではなく、周囲の環境が恋愛を阻害してる可能性が高いということです。

本当に自分自身に問題がある人ならば、学生時代にも恋愛することはできないはずですよね。

 

社会人になってから出会いに恵まれないのは、学生時代から環境が変わり恋愛がしにくい環境になってしまったのです。

社会人の生活の中心は職場、職場によって出会い格差があるのは事実です。

 

例えば、事務職で職場内で人間関係が簡潔し、なおかつ周囲は女性や既婚者が多いというケース。

これでは、職場の外での出会いはなくなり、職場内恋愛も絶望的です。

 

また、若い独身男性が多い職場でも、キャリアを順調に積みすぎると恋愛の障害になってしまうことも。

男性たちは、仕事ができすぎる女性は頼もしい同僚かライバルとしかみなさない傾向にあり。

 

恋愛の対象として見てくれないのです。

職場を中心とした環境要因によって、女性の出会いの可能性が狭まってしまっています。

 

このような状況から出会いを見つけるには、出会いのある環境に身を置くことがいいでしょう。

職場を変えるのは難しいと思うので、職場以外の人間関係の場に参加することがおすすめです。

 

趣味のサークル活動を始めてみてはいかがでしょう?

趣味が共通の異性とは距離が縮まりやすく、恋愛に発展する確率も高いですよ。

Comments are closed.