しっかり稼ぎたい人におすすめの期間工という働き方

生活できるくらいに稼ぎたいと考えている人は、派遣よりも期間工として働き始めるのがおすすめです。

期間工とは契約社員とも呼ばれる雇用形態で、予めその企業で働く期間が決められています。

 

求人の種類で目立つのが工場の作業員です。自動車や電子部品、機械関係などの製造ラインで作業できる人が求められます。

これらのジャンルは季節やタイミングによって需要が高まり、あまりの忙しさから人手が足りなくなることがよくあります。

 

一定期間だけでも人材を確保しようとする企業のニーズにマッチするのが、期間工の存在だと言えるでしょう。

派遣も似たような雇用形態ですが、雇用までの仕組みが違います。

 

期間工は企業が直接雇う一方、派遣は派遣会社に所属する人材ですので、待遇は派遣会社から受けるようになります。

一定期間のみ社員として働く期間工は大手企業が募集するケースも多く、社会保険への加入、無料で寮を利用できるなど、高待遇の環境で働けることも少なくありません。

 

また、将来性についても期間工にメリットがあります。期間工として真面目に働き、雇い主である企業に認められれば、正社員として契約してもらえる可能性を秘めているからです。

しかし、たとえ期間工でも企業に直接雇ってもらうのは難しい場合も多いため、この点が気になるなら期間工として雇用してもらえるよう、派遣会社に相談すると採用される可能性が高まります。

 

派遣会社から高額の祝い金を貰えるケースもあるため、利用する価値は高いでしょう。

Comments are closed.