葉酸はお腹の赤ちゃんを育てる必須の栄養素

妊婦のママさんにとって、お腹の赤ちゃんが無事に生まれてくれることが一番の願いでしょう。

願いをかなえるために、必ず摂取しておきたい栄養素が葉酸です。

 

葉酸にはお腹の赤ちゃんの健康を守る、とても重要な役割があります。日本では多くの赤ちゃんが元気に生まれてきますが、中には障害を持って生まれてくる赤ちゃんもいます。

神経管閉鎖障害というものが存在し、下肢に影響が出れば運動障害の他、膀胱や直腸の機能に障害が発生します。

 

脳に障害が出ると無脳症を発症し、流産や死産の危険率が高まります。

お腹の赤ちゃんが神経管閉鎖障害を発症するのは、葉酸の不足が関係するという研究結果が報告されています。

 

そのため、妊娠中のママさんはもちろんのこと、妊娠を希望する女性も、葉酸を十分に摂取する努力が必要です。

生まれてくる赤ちゃんの健康を守るために、葉酸を不足させないようにしましょう。

 

妊婦の場合、1日に必要な葉酸の量は400μgです。

葉酸はビタミンBの一種で、肉類や卵、豆類などに含まれていますが、食事からでは必要十分な葉酸を摂取しにくいのが現実です。

 

そこで利用したいのが、葉酸サプリです。市販品に優れたサプリが多数存在します。

1日の必要量を配合する商品を選びましょう。

 

また、腸で消化吸収効率の良い、モノグルタミン酸の葉酸が配合された商品を選ぶことも重要です。

但し、1日1300~1400μgを超える摂取はビタミン12欠乏症を招く恐れがあるため、母子の健康のためにも、使用量を守って摂取してください。

Comments are closed.