ファクタリングと手形割引と金融ローンのどれがいいのか

ファクタリングも手形割引も金融ローンも手持ち資金が不足しているときに現金を調達する方法です。

 

ファクタリングと手形割引は約束手形などの既に保有しているが現金化されるまでに時間がかかるような売掛金を支払期日を待たずに早期に現金化する方法です。

一方でビジネスローンなどの金融ローンは売掛金などとは関係なく金融業者などから必要なお金を借りる方法です。

 

どの方法であってもそれぞれのサービス提供会社が関与しますから高いか安いかを問わずに手数料が必要となります。

 

ファクタリングと手形割引は似ています。

ファクタリングは約束手形などの売掛金を丸ごとファクタリング会社が買い取ってくれることによって売掛金の早期回収が可能となります。

 

売掛金の買取なのでファクタリングで買い取られた場合には、仮に約束手形が不渡りになったとしても、その損失を被るのはファクタリング会社となります。

一方の手形割引は早期に現金を回収するのは同じですが、手形割引のサービス会社は約束手形の支払期日が来るまでの融資という形なので、約束手形を返却する義務があります。

 

その代わり倒産などによる約束手形の不渡りも手形割引のサービス会社が損失を被ることはありません。

 

ファクタリングと手形割引と金融ローンがどれがいいのかということは、それぞれのサービスの手数料の比較が最も重要なファクターとなりますが、それ以外でも利用する経営者などの考え方の違いによって使い分ければいいのではないでしょうか。

Comments are closed.