キャッシングの申し込みに必要になる提出書類は金融機関やキャッシング限度額によって若干変わるものもありますが、ほとんどの金融機関の提出書類はどこもほぼ同じです。

その理由は、どこの金融機関でもキャッシング利用者に対する与信の基準がある程度の限度額までなら変わらない為です。

 

その基準の上で最も重要となる書類は収入証明書です。

収入を証明できるものであれば給与明細でも源泉徴収票でも構いませんが、証明する書類は直近のものである必要があるので注意しましょう。

 

収入証明書が何故重要かは言うまでもなく安定した収入のある方でないと返済が出来ないからです。

 

次に必要な提出書類は身分証明書です。身分証明書にはいろいろありますが一般的なものといえば運転免許証になります。

運転免許証の他にも健康保険証や住民票などでも身分を証明することもできますが、運転免許証の場合顔写真が載っている公的な身分証明書になるので、金融機関によっては運転免許書の提示を求めてくる場合もあるので注意しましょう。

 

また、金融機関はそのほとんどが在籍証明として職場へ直接電話して確認するのが一般的ですが、金融機関の中には会社で加入している健康保険証の提示で在籍していることの証明として認めてくれるところもありますので、職場に在籍確認の電話を掛けられるのが嫌だという人は、健康保険証でも在籍確認として認めてくれる金融機関を探して申し込みするようにしましょう。

コメントは停止中です。